体毛が濃いとAGAにかかる因果関係はあるか


薄毛や抜け毛に悩んでいる方は多いですし、男性ホルモンが原因である男性型脱毛症AGAにかかっていると放置してもハゲ進行していく一方です。

 

体毛が濃い方は男性ホルモンが多いのでハゲやすいと言われる事がありますが、男性ホルモンは前頭部や頭頂部、胸毛、ヒゲ等に関係があります。AGAとの因果関係はどうなのかは、体に毛が沢山ある方にとっては非常に気になるもので、体毛が沢山あってもハゲている人も居ればハゲていない方もいますし、体の毛が沢山あっても男性型脱毛症と関係ない場合もあるようです。実際に男性型脱毛症になりやすさと体の毛には直接的、または間接的に影響や関係があるのかどうかを、男性型脱毛症の治療した体験談を交えて伝えたいと思います。

 

 

男性型脱毛症は男性ホルモンが髪の成長を邪魔する働きがあるもので、治療を行うには専門業者や医師のもとで男性ホルモンを抑制する薬を使う必要があります、この薬は世界中で使われているものであり、男性ホルモンの中にも色々と種類があり、薄毛や抜け毛に関係するものもあります。男性ホルモンが多ければ体の毛が濃くなりやすいですし、テストステロンが多くなりがちになりますが、テストステロンが抜け毛に作用するタイプのホルモンに変化しやすい方は抜け毛が起こりやすく、そうならない場合は男性ホルモンが多くても大丈夫な傾向があります。一般的に男性ホルモンが多いと体の毛を濃くして、毛髪部は薄くなるという関係があるのですが、テストステロンが抜け毛作用する方向に変化しにくい方も居て、そういう方は体の毛が沢山あっても、髪も沢山あるという事も可能になり、個人差が大きいものです。

 

 

ですから一般的には男性型脱毛症は男性ホルモンが沢山あり、体の毛が沢山生えていたり、ヒゲが濃い方がかかりやすい傾向にあり、頭頂部や生え際が後退しやすくなりますが、全ての人に当てはまるわけではなく、脱毛に向かわせるホルモンに変化しない方は体の毛が沢山あったとしても男性型脱毛症にもかからず、髪も体もフサフサという状態になる事もありえます。ホルモンのバランスは生活習慣全般を整える事で安定しますし、男性ホルモンを抑制するような食べ物もあり、豆類等は男性ホルモンの働きを低下させる働きもあります。体の毛が多い方は男性ホルモンが活発であり、生え際や頭頂部が抜け落ちやすい傾向にはありますが、全ての方に当てはまるというわけでは無いと言う事です。


Category: 体毛が濃い


Write a Reply or Comment


Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>