卵かけご飯を食べると薄毛になる?


卵かけご飯を食べると薄毛になるという噂が勃発したのには理由があり、それは白身と黄身の栄養成分に引き金が隠されており、ひとつは毛髪を作り上げる栄養であり、もう一つは毛髪くることを阻止してしまう栄養という、仲違いをしてぶつかり合うという関係があるからです。毛髪を健やかに作る栄養は黄身のほうであり、毛髪を作り上げるのを一生懸命に邪魔してしまうのは黄身の方という構成であり、生のまま食べることで髪の毛は抜けやすくなるという誤解です。生のままご飯に混ぜて醤油なんかをたらして食べる頂き方は、日本人なら多くの人が大好きな食べ肩でありますし、子供の頃から日本人には慣れ親しんだ組み合わせなので、これをやめろというのは酷な話でありますし、栄養もたっぷりと取ることのできる食材です。しかし希望を持つことができますのは、この組み合わせで食べると髪の毛が抜けると言う事実はなく、これでAGAになるという心配はほとんどありませんが、食べ方を謝らないように注意をするなどは必要になります。

 

 

そもそも完全栄養食とまで言われるほどの栄養価の高い食材であり、水溶性ビタミンであるビオチンも、黄身の部分には豊富に含まれています。粘膜の状態や皮膚などを健やかに維持する作用をもたらすことができるのは、栄養の働きで新陳代謝が活発になるためであり、皮膚とは顔や手足だけではなく、頭皮の皮膚も同じ様に新陳代謝が良くなります。人間の体内の腸内細菌での合成もありますが、日常的に口にする食材からも、たっぷりのビオチンを摂取は可能です。食材としては黄身にも豊富な栄養を含んでいますが、鶏レバーや牛レバーに豚レバーにも豊富にありますし、青のりや焼き海苔にもたっぷり含まれる栄養です。真鰈や鰹節にさり、アンコウの肝やししゃもなど魚介類にも含まれていますし、茹でた大豆や黒砂糖に豆味噌にも含まれています。普段からアルコールを飲む頻度が多い人であったり、タバコを数週間のある人、食生活が乱れやすい人なども、意識的に食事からは摂取を心がけたほうがいいです。そのような健康にも助けになる栄養素の活動を邪魔してしまうのが、白身の方に含有をするアビシンというタンパク質の一つであり、体の中で結合をすることになります。するとせっかくのビタミンHの栄養成分を、体内に入ってから腸内において吸収ができないように阻止をしてしまうこととなるので、これが髪の毛の抜け毛を促進させてしまうと考えられています。

 

 

しかしアビシンの成分というのはそのままではなく、加熱という一手間を加えることにより、体内でわざわざビタミンHとは結合をしなくなりますので、その性質を活かすことはできますし、だからこそ食べ方さえ気をつけることで、髪の毛が抜けやすくなるというのを防いでいくことにもなります。こうなると生の白身部分を食べるのは躊躇をしやすくなる人もいるでしょうが、そのまま食べたところでビタミンHの栄養が人間に不足をすることは考えにくいです。なぜならば人間というのは腸内でビオチンを製造し続けているためであり、足りなくなるというのは健康な生活をしている人であれば、あまり考えにくいことです。だからこそ腸内環境を整えるというのはすごく重要な要素になりますし、腸内環境の乱れは頭皮や髪の毛にも関わりがないとは言えなくなります。生玉子をかけたご飯はそれほど大きな問題にはならないとしても、腸内環境の乱れは頭皮や毛髪に健康にまで関わりやすくなります。腸内の環境を良くするためにも、新鮮な野菜を豊富に食べるようにして、ビタミンや食物繊維を食べるようにしましょう。新鮮で綺麗なお水も飲むようにして、腸内環境を良いものとするべきです。


Category: 卵かけご飯


Write a Reply or Comment


Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>