帽子を被るとAGAになる因果関係


AGAは成人男性特有の脱毛症であることは、今やTVやCMを通して多くの人が知っていることでしょう。しかし、この薄毛、抜け毛の問題を単なる頭髪の薄さとして見ない方が良いでしょう。実際、薄毛や抜け毛が際立っている人は、見た目にも老けて見られ、これから恋愛し、結婚をしたいと考えている人にとっては、なかなかそれが難しくなってしまいます。また、薄毛等が際立つと、その見た目の悪さから昇給や昇進等に響く場合があり、これらの問題は、生活上、根深い問題になりえます。そのため、こうした薄毛等の問題は命の危険こそありませんが、深刻な問題となるため、昔から、その原因や改善方法について数多くの研究が行われてきました。

 

 

そうした数多くのAGAの研究の積み重ねがあってか、現在では実に多くの事が明らかにされました。例えば、その要因については、以前であれば、遺伝によるものとして、決して抗えない問題として考えられてきましたが、現在では、遺伝以外にも環境的要因が大きいことも示されるようになりました。特に、生活習慣や食習慣だけでなく、帽子やヘルメットを被ることによって、頭頂部の血行が悪くなり、その結果として、毛髪に栄養分が行き届かなくなることも示されるようになりました。この血行不良と薄毛の進行との因果関係は大部分が明らかにされており、実際に、帽子やヘルメットを被って仕事をしている郵便局員等からの体験談等からもこれらのことが明らかにされています。そのため、昔から言われていた、頭に何かを被ると、薄毛につながると言われてきたことは、間接的ではあるにしろ、決して関係ない事柄ではないと言えます。勿論、こうした被り物以外のことでも、薄毛につながる影響を及ぼすものもあります。代表的なものを挙げると、ストレス等もそれに当たるでしょう。それゆえ、普段から、趣味や発散方法を持ち、ストレスが少しでも減るような活き活きとした生活を心掛ける必要があります。

 

 

薄毛の問題を防ぎたい、治したいと考えることは成人男性の多くの人に共通して言えることでしょう。そこで、現在、薄毛で悩んでいるのなら、まずは生活上の原因について考え、その原因を取り除くことから始めた方が良いでしょう。そして、原因をある程度取り除くことができたなら、次は育毛について考えることが効率的な予防法、改善方法と言うことができます。現在の技術の進歩はめざましいものがあり、こうした問題にも決して悲観する必要はないはずでしょう。


Category: 帽子を被る


Write a Reply or Comment


Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>