AGAと白髪の因果関係はあるのか


薄毛を引き起こしてしまう原因として挙げられるのがAGAです。男性型脱毛症と呼ばれている事からも分かるように、男性に多い脱毛症です。世の中には沢山薄毛に悩んでいる方がいらっしゃいますが、その殆どは男性型脱毛症と言われているのです。それだけ多くの方に関連がある脱毛症ですので、もし抜け毛が目立ってきたり、頭皮が目立つ状態になってきた時には可能性を疑ってみた方が良いと言えます。そんな男性型脱毛症と関連のある話題として白髪が挙げられます。

 

 

両者には因果関係があり、白髪体質ですとハゲやすいという噂まであります。その為、白い髪の毛が目立ってきた時には薄毛にならないと心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。しかしながら両者は特に関係ないと言われています。男性型脱毛症が発症する理由としては、DHTと呼ばれる脱毛物質が増加する事が原因とされています。その一方、髪の毛が白くなってしまうのはメラニンを作り出す力が弱くなり、その結果髪の毛を黒くする事ができず、白くなってしまうと言われています。両者にはそれぞれの原因があり、お互いに干渉するような事もありませんので、基本的には因果関係は無いのです。ただ、元の黒髪に戻す為に髪の毛を染める方も少なくありませんが、そういった時に利用するカラーリング剤が頭皮にダメージを与えてしまい、その結果間接的に薄毛の進行に影響する可能性はあると言えます。

 

 

両者には特に関係性はありませんので、改善したい時にはそれぞれに対しての対策をしなければいけません。AGA対策をしたからといった髪の毛が黒くなる訳でもありませんし、その逆もしかりです。根本的な原因が違う限り、別々の対策が必須と言えます。では、男性型脱毛症を改善する為には何が必要なのかという事ですが、ベーシックな対策方法として治療薬の利用が挙げられます。今では病院でも専用の治療薬を処方してもらう事ができますし、また個人輸入で治療薬を手に入れる方法もあります。治療薬には内服薬と外用薬がありますが、両者を活用して対策するのが一般的です。高い効果のある治療薬ですので改善されたという体験談も多く、本格的な治療の為にも欠かす事ができない存在です。
因みに髪の毛が白くなり気になるという時には、頭皮に優しい方法で対策する事が望ましいと言えます。化学物質が豊富に配合されたカラーリング剤ですと頭皮に悪影響になる恐れがありますので、例えばヘナなどを活用して染めると良いでしょう。


Category: 白髪


Write a Reply or Comment


Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>