AGAに関する都市伝説の嘘ホント!

薄毛に関することは巷で、いろいろな噂があり、広く一般に都市伝説となっています。しかし、この情報には正しい情報と間違った情報があります。AGAは男性にとってとても深刻な悩みがあり、これらの情報を元にAGAの対処をしていることもあると思いますが、正しい情報を元に色々なことで正しいか間違いかを検証してみましょう。

 

 

薄毛が遺伝するということがよく言われていますが、薄毛は遺伝することは理論上確かではあると思われますが、親からもらった遺伝子がある程度似ることがあり、体質的に遺伝するということがあるでしょう。
近年になって、薄毛が遺伝しないということが囁かれていますが、はげの原因は「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの影響が大きく、この強力な男性ホルモンは、普通の男性ホルモンが、「5α‐リダクターゼ」という酵素の影響により変化したもので、これらの要素を取り去れば、薄毛が解消するということも言われています。この両方の情報は、正しいこともあり、また、正しくない情報もあります。遺伝との関連性がありながら、薄毛が進行する場合でも、正しいケアにより薄毛が解消することもあります。
薄毛の解消として、海藻類が効果が高いと言われ、昆布やワカメで髪が生えてくるとの都市伝説がありますが、このことは髪の情報の嘘ホントで言えば、全く根拠がないことです。髪の成長に必要なミネラルやアミノ酸成分は、海藻類に含まれる成分としてはとてもわずかなもので、海藻を沢山食べたからと言って発毛効果が期待できるものではありません。十分に海藻からミネラルを摂ろうとすれば、かなり大量の海藻類を摂らなければならず、海藻ばかりを極端に摂れば、下痢などの原因となり、消化器の不具合となることもあります。食物から栄養を摂取し、血液により多くの栄養が体の細部にまで送り込まれるため、食事は非常に需要です。しかし、納豆や豆類などに含まれる植物性たんぱく質や牡蠣やレバーなどに含まれる亜鉛などの成分が必要です。また緑黄色野菜に含まれるビタミンや多くのミネラル成分を含む魚介類などが髪の成長に良いとされます。近年、唐辛子に含まれるカプサイシンが大豆に含まれるイソフラボンと結合すると、発毛効果が高いと言われ、育毛サプリメントとして販売されています。

 

 

ただ、医師の見解によれば、サプリメントの過剰摂取で、消化器の不具合が生じることもあり、必ずしもそれのみの摂取で発毛効果を期待できるものではありません。

Leave a Comment

Filed under AGAに関する都市伝説

AGAとストレスの因果関係とは

見た目に大きく影響を与えてしまう薄毛ですが、薄毛になってしまった時には人からの印象も変わってしまいますし、時には自信を持てなくなってしまう原因にもなりますので改善したいものです。薄毛になる原因は色々考えられますが、中でも有名なのが男性型脱毛症であるAGAではないでしょうか。最近はテレビCMや雑誌などでも男性型脱毛症に関して触れていますので、耳にされた事がある方も多い事でしょう。

 

 

そんな男性型脱毛症と関連のある話題と言えばストレスですが、両者には因果関係があるのか気になるものですが、基本的には関係ないと言えます。そもそも男性型脱毛症は脱毛物質が増えた事が原因になりますので、イライラなどを感じている方と言って発症する事はありません。しかしながら、全く無関係という訳でもないのです。薄毛を進行させる原因にはなり得ますので、時には間接的に抜け毛が増える原因になってしまう事もあると言えます。その為、強いイライラなどを感じている際には対策をする事が大切です。
イライラして精神状態が乱れている時は健康面にも関係してきますし、体調を崩してしまう原因にもなります。薄毛を改善する為には健康的な精神状態、そして健康的な身体である事が重要ですので、日々の生活を整えていく必要があります。に男性型脱毛症は治療薬で治す事ができます。現在では効果の高い治療薬もありますし、実際に回復したという体験談も沢山あります。医学的にも効果が認められている数少ない治療薬となっていますので、本気で改善したい時には欠かす事ができません。

このようにAGAとストレスは直接的な関係性は無いものの、間接的には影響を与える要素です。その為、健康的な毎日を送れるように対策する事が大切になるのです。男性型脱毛症は治療薬を利用する事によって回復させる事ができる可能性がありますが、治療をする際には早めに行動する事が大切と言えます。状態が悪くなってからですと改善させる為に長い時間を要する事になりますし、なかなか効果が出ずに焦ってしまったり、イライラしてしまうと余計に回復に時間が掛かるようになりますので、早めに対策をした方が短い期間で改善させる事ができます。

 
因みに男性型脱毛症のお薬は病院でもらう事ができますが、近年は薄毛治療の為に病院を利用される方も増えています。
無料相談を行ってくれる病院も増えていますので、薄毛が気になる際には気軽に相談に訪れてみると良いでしょう。

Leave a Comment

Filed under ストレス

人気の湯シャンとAGAの因果関係

通常、シャンプーをする際にはシャンプー剤を利用しますが、最近はシャンプー剤を利用しない方法で洗っている方も増えています。所謂湯シャンと呼ばれていますが、お湯だけを使って髪の毛や頭皮を洗う方法です。

 

 

シャンプー剤には色々な成分が配合されていますので、そういった成分が却って頭皮に良くないと言われており、悪影響を与えない為にもお湯のみでシャンプーをした方が良いとされているのです。中には頭皮状態が良くなったという体験談もありますし、抜け毛が減るなどの効果を感じている方も多いようです。そんなに良いシャンプー方法ですと「AGAの改善にも有効なのでは?」と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

しかしながら人気の湯シャンだろうと男性型脱毛症の改善には効果が無いと言えます。確かに頭皮環境を良くする事は大切と言われていますので、お湯だけでシャンプーを行い、頭皮環境が良くなれば抜け毛が減る可能性もあります。
ただ、根本的には男性型脱毛症と頭皮環境の乱れには因果関係はありません。男性型脱毛症は悪玉男性ホルモンが原因と言われていますし、悪玉男性ホルモンが高濃度に存在する限り、頭皮環境が綺麗だろうが汚れていようが殆ど関係ないのです。その為、薄毛を改善する為にお湯だけでのシャンプーに挑戦しても、男性型脱毛症が薄毛の原因の場合は回復する事は不可能とも言えます。しかしながら、頭皮環境が悪いと間接的に薄毛の進行を促進する可能性はあります。頭皮は言ってみれば畑の土壌のような存在ですので、良好な状態の方が薄毛の改善にはプラスになると言えます。

 

 

AGAと頭皮環境はさほど大きく関係性がないものの、間接的には悪影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、その為にも頭皮を綺麗にする事が大切です。ただし、お湯だけのシャンプーが有効かどうかというと一概には良いとは言えません。そもそもお湯だけでシャンプーをするのは頭皮が弱い方に最適ですが、通常の頭皮状態の方の場合は普通にシャンプー剤を利用した方が良いと言えます。お湯だけでもある程度の汚れを落とす事は可能ですが、やはりシャンプー剤と比較した際には汚れ落ち効果は低くなります。もし残留している汚れが毛穴を塞いでしまうと、それこそ薄毛を促進する原因になります。シャンプー剤でしっかりと洗った方が頭皮も綺麗になり易いという事もあり、頭皮が乾燥していたり、敏感肌、アトピー肌ではない限り、シャンプー剤を用いて洗うようにした方が良いでしょう。

Leave a Comment

Filed under 湯シャン

筋トレとAGAには因果関係はあるのか

逞しい身体になる為に筋力トレーニングに励んでおられる方は沢山いらっしゃいますが、そんな筋トレに関する話題として薄毛が挙げられます。両者にはどういった因果関係があるのかと言いますと、筋力トレーニングをすると薄毛になってしまう可能性が高くなるという話があるのです。この話は昔から存在し、なんとなく聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

 

 

本当に筋力トレーニングは薄毛の原因になってしまうのか気になるものですが、真実ではないと言えます。ではなぜこういった話が登場したのかと言いますと、キーワードとして挙げられるのがテストステロンです。
テストステロンは筋肉量をアップさせたりやる気を出したりする為にも欠かせないホルモンですが、元々体内に存在していますし、人間にとって必要不可欠なホルモンです。しかし、このテストステロンが間接的な原因となって薄毛になってしまう可能性があります。なぜならテストステロンと5αリダクターゼという物質が結合する事によって、ジヒドロテストステロンという物質になるからです。所謂DHTと呼ばれる物質ですが、DHTは多くの方の薄毛の原因であるAGAを引き起こす主成分なのです。DHTが増加してしまうと、時には抜け毛が増える、薄毛が進行するなどの状態に導いてしまいます。そしてDHTの根本的な要因であるテストステロンというのは筋力トレーニングを行う事によって増加すると言われています。
その為、筋力トレーニングをしている場合ですと薄毛になり易いと言われているのです。

 

 

しかしながらテストステロンの増加はあくまでも間接的な影響しか及ぼしません。そもそも筋力トレーニングをして薄毛になるようなら、プロのスポーツ選手などは皆薄毛になっています。
しかし実際はそうではありません。その為、筋力トレーニングを行おうと薄毛になってしまうような事はありません。

 

 

つまり筋力トレーニングと薄毛はそこまで関係ないといえますが、ただ中には筋トレをして薄毛になったという体験談もありますので、実際は関係があるのではないかと思ってしまうものです。もしトレーニングをした結果薄毛になってしまった方の場合は、元々AGA体質であり、タイミングよく目立つようになった可能性があります。中高年をはじめ、若年層でも発症する可能性がある脱毛症ですので、トレーニングをきっかけに薄毛になったのはたまたまである可能性もあります。その為、薄毛が心配で筋力トレーニングを控えるような必要もありませんし、適度な運動はむしろ髪の毛にも良いのです。

Leave a Comment

Filed under 筋トレ

帽子を被るとAGAになる因果関係

AGAは成人男性特有の脱毛症であることは、今やTVやCMを通して多くの人が知っていることでしょう。しかし、この薄毛、抜け毛の問題を単なる頭髪の薄さとして見ない方が良いでしょう。実際、薄毛や抜け毛が際立っている人は、見た目にも老けて見られ、これから恋愛し、結婚をしたいと考えている人にとっては、なかなかそれが難しくなってしまいます。また、薄毛等が際立つと、その見た目の悪さから昇給や昇進等に響く場合があり、これらの問題は、生活上、根深い問題になりえます。そのため、こうした薄毛等の問題は命の危険こそありませんが、深刻な問題となるため、昔から、その原因や改善方法について数多くの研究が行われてきました。

 

 

そうした数多くのAGAの研究の積み重ねがあってか、現在では実に多くの事が明らかにされました。例えば、その要因については、以前であれば、遺伝によるものとして、決して抗えない問題として考えられてきましたが、現在では、遺伝以外にも環境的要因が大きいことも示されるようになりました。特に、生活習慣や食習慣だけでなく、帽子やヘルメットを被ることによって、頭頂部の血行が悪くなり、その結果として、毛髪に栄養分が行き届かなくなることも示されるようになりました。この血行不良と薄毛の進行との因果関係は大部分が明らかにされており、実際に、帽子やヘルメットを被って仕事をしている郵便局員等からの体験談等からもこれらのことが明らかにされています。そのため、昔から言われていた、頭に何かを被ると、薄毛につながると言われてきたことは、間接的ではあるにしろ、決して関係ない事柄ではないと言えます。勿論、こうした被り物以外のことでも、薄毛につながる影響を及ぼすものもあります。代表的なものを挙げると、ストレス等もそれに当たるでしょう。それゆえ、普段から、趣味や発散方法を持ち、ストレスが少しでも減るような活き活きとした生活を心掛ける必要があります。

 

 

薄毛の問題を防ぎたい、治したいと考えることは成人男性の多くの人に共通して言えることでしょう。そこで、現在、薄毛で悩んでいるのなら、まずは生活上の原因について考え、その原因を取り除くことから始めた方が良いでしょう。そして、原因をある程度取り除くことができたなら、次は育毛について考えることが効率的な予防法、改善方法と言うことができます。現在の技術の進歩はめざましいものがあり、こうした問題にも決して悲観する必要はないはずでしょう。

Leave a Comment

Filed under 帽子を被る

体毛が濃いとAGAにかかる因果関係はあるか

薄毛や抜け毛に悩んでいる方は多いですし、男性ホルモンが原因である男性型脱毛症AGAにかかっていると放置してもハゲ進行していく一方です。

 

体毛が濃い方は男性ホルモンが多いのでハゲやすいと言われる事がありますが、男性ホルモンは前頭部や頭頂部、胸毛、ヒゲ等に関係があります。AGAとの因果関係はどうなのかは、体に毛が沢山ある方にとっては非常に気になるもので、体毛が沢山あってもハゲている人も居ればハゲていない方もいますし、体の毛が沢山あっても男性型脱毛症と関係ない場合もあるようです。実際に男性型脱毛症になりやすさと体の毛には直接的、または間接的に影響や関係があるのかどうかを、男性型脱毛症の治療した体験談を交えて伝えたいと思います。

 

 

男性型脱毛症は男性ホルモンが髪の成長を邪魔する働きがあるもので、治療を行うには専門業者や医師のもとで男性ホルモンを抑制する薬を使う必要があります、この薬は世界中で使われているものであり、男性ホルモンの中にも色々と種類があり、薄毛や抜け毛に関係するものもあります。男性ホルモンが多ければ体の毛が濃くなりやすいですし、テストステロンが多くなりがちになりますが、テストステロンが抜け毛に作用するタイプのホルモンに変化しやすい方は抜け毛が起こりやすく、そうならない場合は男性ホルモンが多くても大丈夫な傾向があります。一般的に男性ホルモンが多いと体の毛を濃くして、毛髪部は薄くなるという関係があるのですが、テストステロンが抜け毛作用する方向に変化しにくい方も居て、そういう方は体の毛が沢山あっても、髪も沢山あるという事も可能になり、個人差が大きいものです。

 

 

ですから一般的には男性型脱毛症は男性ホルモンが沢山あり、体の毛が沢山生えていたり、ヒゲが濃い方がかかりやすい傾向にあり、頭頂部や生え際が後退しやすくなりますが、全ての人に当てはまるわけではなく、脱毛に向かわせるホルモンに変化しない方は体の毛が沢山あったとしても男性型脱毛症にもかからず、髪も体もフサフサという状態になる事もありえます。ホルモンのバランスは生活習慣全般を整える事で安定しますし、男性ホルモンを抑制するような食べ物もあり、豆類等は男性ホルモンの働きを低下させる働きもあります。体の毛が多い方は男性ホルモンが活発であり、生え際や頭頂部が抜け落ちやすい傾向にはありますが、全ての方に当てはまるというわけでは無いと言う事です。

Leave a Comment

Filed under 体毛が濃い

隔世遺伝とAGAの因果関係をチェック

薄毛を引き起こす原因はいくつかあり、特に大勢に関連性があるのがAGA、つまり男性型脱毛症です。殆どの人の薄毛は男性型脱毛症と言われるほど関連性が強く、健康体であるにも関わらず薄毛になってしまった時には一番最初に疑われる原因と言えます。そんな男性型脱毛症に関する疑問としてよくあるのが遺伝との因果関係です。やはり家系に薄毛の人がいる場合ですと、自身も薄毛になってしまうのか気になるものです。

 

 

では遺伝は関係あるのかと言いますと、「関係がある」というのが一般的な考えです。薄毛は隔世遺伝によって発生し易くなると言われていますので、例えば自身の祖父が薄い場合ですと、自身も薄毛になる可能性があります。
ただ、薄毛というのは父親からも遺伝する事があるのです。ではなぜ隔世遺伝と言われる事が多いのかと言いますと、まず薄毛になり易い遺伝子は母方の祖父から遺伝し易いと言われています。それならば母親も薄毛になりそうなイメージですが、女性の場合は男性型脱毛症になる事は殆どありません。つまり、祖父は薄毛、母親はフサフサという状態を見て、薄毛は親ではなく隔世して遺伝するものと見られてきた訳です。
遺伝的な要因は強く出てしまう事もありますので、薄毛家系ですと薄毛になりそうで不安なものですが、ただ、薄毛自体が遺伝する訳ではないのです。

 

 

あくまでもハゲやすい体質が遺伝するだけであって、家系に薄毛がいるからといって自身も必ず薄毛になる訳でもありません。
しかし、遺伝は薄毛になる一つの要因ですので、薄毛の遺伝子があると、薄毛が進行し易いなどの影響を受ける可能性はあります。

 

 

薄毛はよく遺伝すると言われているものの、一つの要因でしかありませんので家系に薄毛の方がいるからといって悲観する必要はありません。薄毛になる理由としては他にも生活習慣やストレス、病気などもありますし、それらの原因によって薄毛になっている可能性もあります。その為、遺伝だからと諦めずしっかりと対策を行うと良いでしょう。因みに一昔前はAGA体質が遺伝してしまった場合、治療は難しいというのが一般的でしたが、今は治療して治す事も可能です。一般的な治療の際には経口薬や外用薬を利用しますが、そういった治療薬を利用する事によって回復させる事ができると言われていますし、実際に薄毛が改善されたという体験談も多くあります。今はお薬で薄毛を治療できる時代ですので薄毛を改善したい時には治療を受けると良いでしょう。

Leave a Comment

Filed under 隔世遺伝

AGAと白髪の因果関係はあるのか

薄毛を引き起こしてしまう原因として挙げられるのがAGAです。男性型脱毛症と呼ばれている事からも分かるように、男性に多い脱毛症です。世の中には沢山薄毛に悩んでいる方がいらっしゃいますが、その殆どは男性型脱毛症と言われているのです。それだけ多くの方に関連がある脱毛症ですので、もし抜け毛が目立ってきたり、頭皮が目立つ状態になってきた時には可能性を疑ってみた方が良いと言えます。そんな男性型脱毛症と関連のある話題として白髪が挙げられます。

 

 

両者には因果関係があり、白髪体質ですとハゲやすいという噂まであります。その為、白い髪の毛が目立ってきた時には薄毛にならないと心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。しかしながら両者は特に関係ないと言われています。男性型脱毛症が発症する理由としては、DHTと呼ばれる脱毛物質が増加する事が原因とされています。その一方、髪の毛が白くなってしまうのはメラニンを作り出す力が弱くなり、その結果髪の毛を黒くする事ができず、白くなってしまうと言われています。両者にはそれぞれの原因があり、お互いに干渉するような事もありませんので、基本的には因果関係は無いのです。ただ、元の黒髪に戻す為に髪の毛を染める方も少なくありませんが、そういった時に利用するカラーリング剤が頭皮にダメージを与えてしまい、その結果間接的に薄毛の進行に影響する可能性はあると言えます。

 

 

両者には特に関係性はありませんので、改善したい時にはそれぞれに対しての対策をしなければいけません。AGA対策をしたからといった髪の毛が黒くなる訳でもありませんし、その逆もしかりです。根本的な原因が違う限り、別々の対策が必須と言えます。では、男性型脱毛症を改善する為には何が必要なのかという事ですが、ベーシックな対策方法として治療薬の利用が挙げられます。今では病院でも専用の治療薬を処方してもらう事ができますし、また個人輸入で治療薬を手に入れる方法もあります。治療薬には内服薬と外用薬がありますが、両者を活用して対策するのが一般的です。高い効果のある治療薬ですので改善されたという体験談も多く、本格的な治療の為にも欠かす事ができない存在です。
因みに髪の毛が白くなり気になるという時には、頭皮に優しい方法で対策する事が望ましいと言えます。化学物質が豊富に配合されたカラーリング剤ですと頭皮に悪影響になる恐れがありますので、例えばヘナなどを活用して染めると良いでしょう。

Leave a Comment

Filed under 白髪

AGAとワカメの因果関係とは

ワカメを食べると髪生えるとよく思われていますが本当なのでしょうか。もしそうであれば、AGA(男性型脱毛症)の男性には朗報です。

 

 

(ワカメと育毛の因果関係)
昔からよく、髪の毛が薄くなってきたから海藻を食べればよいと言われていますが、実際に、海藻を多く食べた体験談を聞くと、あまり関係ないというような話を良く聞きます。
ではどうして海藻なのかというと、海の中で海藻を見ると女性の黒髪のごとく、ゆらゆら揺れて見えることからそのように言われているようです。海藻自体は、多くのミネラルを含んだ食品で、どちらかというと健康に良い食品で食べて害になるわけではありません。海藻に含まれる、ヨードは毛髪を作るときに必要な栄養素ですが、たくさん食べたからと言って毛がふさふさするというわけではありませんので、直接的に効くものではありませんが栄養のバランスをとるのに、取り入れたい食品の一つという、間接的な理由から食べることは良いことです。

 
(AGAを妨げる育毛効果の栄養素)
ではどのようなものを食べると、育毛効果があるのでしょうか。育毛効果を得るためには、髪の毛に必要な栄養を送り込むことがまず大切です。ダイエットなどで、栄養失調になると、抜け毛が目立つのは、髪の毛に必要な栄養が行き渡っていないからです。海藻ばかり食べるのではなく、バランスの良い食事をとるということが基本です。不足するとAGAを進行させてしまう栄養素はビタミン類(ビタミンB群、ビタミンE)、アミノ酸 (必須アミノ酸)、ミネラル類(亜鉛、カルシウム、マグネシウム)があげられます。この中で、気を付けたいのは、亜鉛とたんぱく質(アミノ酸)です。この2つは髪の原材料となるので、不足するとAGAを進行させてしまう影響のある栄養素です。亜鉛は貝類に多く含まれ、レバー牛肉玄米ご飯などにも含まれています。亜鉛は食品やサプリからでないと摂ることはできないミネラルですので意識して摂るようにします。ビタミン類は、新陳代謝を正常にし、血流を促すことから必要な栄養素が必要なところ、要するに髪の毛に行き渡るために必要です。

 

 

(まとめ)
海藻はAGAの改善には直接的には関係がありませんが。栄養をバランスよく摂るという意味において取り入れても良い食品です。髪の毛を作るときに必要なヨードを含んでいますが、其れだけ食べても効果はありません。たんぱく質、亜鉛不足には特に注意し、育毛に必要な栄養素を意識して、バランスよく食べるようにすることが大切です。

Leave a Comment

Filed under ワカメ